家庭教師の種類って?

家庭教師マスター

トップページ家庭教師のススメ家庭教師の種類家庭教師と塾の違い家庭教師向きのお子さんお問い合わせ




  家庭教師の種類ってどんなものがある?


家庭教師の一番の特徴は、1対1で解らない所を解るまで指導してもらえるという事です。後は、家庭教師センターによって、指導方法の特徴はそれぞれ違ってきます。大学生を派遣する所もあれば、プロ家庭教師を専門に紹介する所などの違いがあります。指導方法のノウハウの違いなどもあります。それは各会社で違ってくるので、直接家庭教師センターに確認して、ご家庭とお子さんの求めている家庭教師像に近い所を選びましょう。家庭教師会社は大きく分けて「家庭教師派遣」と「家庭教師紹介」の2タイプがあります。それぞれの特徴をふまえて、よりよい家庭教師選びにカッテェ家庭教師を役立ててください。


家庭教師 鉛筆個人契約の特徴とは?

家庭教師の個人契約の至るまでの方法は2通りあります。
1.近所の方や職場の知り合いなどから紹介してもらう
2.家庭教師の直接紹介サイト等で家庭教師を紹介してもらう

近所の知り合いや職場の息子さん、娘さんで大学生の子がいる場合紹介してもらう事ができます。顔見知りの場合が多く、比較的親近感があります。ただ、どうしても知り合いだったり、知り合いの紹介だったりするので、相性が合わなかったり、成績があがらなくても先生を代える事がしにくいという問題が出てくる事も多いです。直接契約サイト等で直接個人の家庭教師を紹介してもら場合は、家庭教師の先生を紹介してもらう毎に費用が発生する場合があります。先生が合わない時も結局は自分で直接家庭教師に言わないといけません。個人契約の場合、家庭教師センターの面接や研修をがない分、指導方法が個人の先生任せなので、家庭教師の先生の当たりはずれが多いのも特徴の一つです。一番の特徴は家庭教師センターを通さない分、費用が安いという所です。とにかく家庭教師を安くしたい!というご家庭にはこの個人契約が良いかもしれません。

個人契約のメリット

個人契約メリットとは・・・?

家庭教師の個人契約のメリットは以下の2つになります。
1.家庭教師の指導料を直接交渉できる
2.比較的家庭教師の指導料が安い

家庭教師センターを通していない分、家庭教師の指導料が安いというのが、一番大きいメリットになります。あと指導方法も決められたノウハウが無いので、ご家庭のやって欲しい勉強をしてもらいやすのもメリットの一つです。

個人契約のデメリット

個人契約のデメリットをあげると以下の4つがあげられます。
1.指導方法が個人任せ
2.家庭教師の交代ができない
3.テスト対策や内申対策など具体的な方法が取りにくい
4.何かあった時の対応が個人なので、しっかりできない

家庭教師のセンターと違い、教師選抜の面接や研修等がない為、ある意味家庭教師を希望する大学生や社会人は誰でも家庭教師をする事が出来ます。塾と家庭教師と個別指導塾、そういう意味で個人契約は特に家庭教師の先生のあたりはずれが大きいので、それもデメリットの一つです。学校などに対応した対策や、ノウハウが無い為に成果の上がる指導が出来るかどうかがあやふやなのもデメリットの一つです。これも先生によるので、やはり先生のあたりはずれが大きく影響してきます。



Copyright 2008 家庭教師マスター  Allrights reserved.