家庭教師向きのお子さん

家庭教師マスター

トップページ家庭教師のススメ家庭教師の種類家庭教師と塾の違い家庭教師向きのお子さんお問い合わせ




 家庭教師向きのお子さん

大勢の中では質問できない

家庭教師 ライン

大勢の生徒がいる中だと恥ずかしくて質問ができない。質問する時にまわりの目が気になってしまう。そういうお子さんは、勉強しなれた自分の家で家庭教師の先生に教えてもらう方が向いています。疑問に思っている事を聞けないと、塾で内容の良い授業を聞いても結局、内容を消化できない事が多いのです。会社設立のことで上手く質問できないなら会社設立.comがオススメです。


部活で忙しくて帰宅してから塾に週2〜3回行くのが体力的に大変

家庭教師 ライン

体力的に負担を感じ、塾の授業に集中できず、内容が頭に入ってこないお子さんは家庭教師の方が向いています。体が授業を聞ける状態でなければ、せっかくの塾の授業の内容もムダになってしまいます。自分の集中できる時間、曜日を選べるので、体力的な問題を考えると家庭教師の方が良いです。家庭教師 ライン


塾に行く理由が「友達がいるから」になってしまっている

 

勉強が嫌いなお子さんが、友達があの塾に行っているから自分もその塾に行きたいと言って、塾に通われる方も多いと思われます。きっかけは友達だとしても、それがきっかけで勉強が解るようになり学習意欲が育つお子さんも大勢います。ただ、問題なのは、塾に通ってはいるものの、勉強には全く興味が持てず塾の宿題もやらず、塾に行く理由が「友達がいるから」になっているお子さん。こういう場合は、一度塾に何の為に行っているのか?をもう一度考える必要があります。自分の意識が変わればそのまま塾に通っても大丈夫と思われます。もし、意識が変わらないなら、家庭教師ナビを利用したり勉強と友達は分けて考え、家庭教師で家庭学習をしっかり学び、友達とは放課後、遊ぶという風にケジメをつけてみたら良い結果につながると思います。


塾でやっている勉強が理解しにくい

家庭教師 ライン

塾で習っている内容が理解しにくい時は、二つの理由が考えられます。
1.自分のレベルと塾で教えている内容のレベルが合っていない
2.塾から出された宿題を全くやらずに事前準備が全くできていない
お子さんが2つの理由で塾の内容が難しいと感じているのなら、やり方を変えたところでまた同じ理由でつまずく事になると思います。ですので、勉強に対する姿勢を見直した方が良いです。ただ一つの理由で内容が分かりにくい場合は、家庭教師の方がお子さんのレベルに合わせた所から指導できるので良いです。塾でも個別指導塾があるので家庭教師を選ばない場合は、家庭教師道や個別指導塾の方が向いていると思われます。


塾の送り迎えが大変

家庭教師 ライン

共働きの場合、仕事から帰宅してから夕ご飯の準備を始め、その後にお子さんを塾にまで送り、また授業が終わる頃に迎えに行く。それが週に2〜3回となると、お子さんも大変ですが、その送り迎えをするご両親も大変だと思います。もし、塾の送り迎えが両親にとって負担になっているなら、家庭教師の方がそういう負担はなくなります。


家庭教師 ライン


Copyright 2008 家庭教師マスター  Allrights reserved.